2017年03月27日

対テロバトルライフル!!

psg1

世界有数の高精度セミオートマティック狙撃銃として知られる『PSG-1』が、入荷しております!





東京マルイ: 電動ガン 本体セット H&K PSG-1

実銃はドイツの名門銃器メーカーH&K(ヘッケラー&コック/ヘックラー&コッホ)社が、GSG9SEKといった国内対テロ部隊の要請に基づいて開発した半自動式狙撃銃。

同社製バトルライフルG3のメインコンポーネントをベースに、バレルの完全なフリーフロート化/レシーバーの補強/光学照準器の標準装備/トリガーシステムの改良/人間工学に基づいた調整式ストックとグリップの採用といったフィーチャーを盛り込んでおり、その設計コンセプトは競技用ライフルに近いものがございます。

ドイツの対テロ部隊のみならず世界各国の軍/法執行機関に採用されており、わが国でも警視庁SATや海上保安庁SSTに少数が納入されているという話もあるとか。



ちなみに製造/チューニングの工程は限りなく職人さんの手作業に近いらしく、システム一式のお値段は約15,000ドルほどだとか。(※米国内における民間向け販売の場合。)

そこそこ良い車が新車で1台買えちゃうね!





東京マルイ: 電動ガン 本体セット H&K PSG-1

マルイのPSG-1も実銃同様セミオートオンリー仕様で、トリガーを引いてから実際に発射されるまでのロックタイムを短縮する為、メカボックスも専用のVer.4を採用!

標準装備のスコープは4倍x40mmのスペックで、外装は実銃に採用されているヘンゾルト製6倍x42mmイルミネートスコープの外観が再現されています。(※外観のみ。イルミネート機能は未実装。)





東京マルイ: 電動ガン 本体セット H&K PSG-1

ストックは射手の体格に合わせてチークパッドとバットプレートの長さ/高さ調整が可能。バッテリーはミニSタイプとスティックタイプの2系統が収納できます。

グリップのパームレストも上下可動式で、手の大きさに合わせて最適なポジションを選べます。





東京マルイ: 電動ガン 本体セット H&K PSG-1

付属のマガジンは実銃でいう5連タイプの外観を再現したショートタイプで、装弾数は15発となっています。また実銃同様G3シリーズとマガジンの規格が共通なので、映画やミリフォトでよくみられるようなG3用20連タイプマガジンも使用できます  


Posted by 要塞東京隊 at 20:34Comments(0)商品紹介

2017年03月27日

イカした417でるヨ

リアルな外観とオペレーションでハイエンドユーザー諸氏の絶大な支持を受けているVFC製長物ガスブローバックガンシリーズ!

今度の新製品はコイツでございます!↓


『VFC: GBB本体 G28 DMR GBBR DX リミテッド(VF2J-LG28-TN02)』旧来のG3 SG-1の後継機としてドイツ連邦軍に採用されたセミオート式狙撃銃『G28』!HK417の民間向けバージョンであるMR308/MR762系をベースに開発されたモデルで、サプレッサー使用時や多弾数射撃後、ガスシステムにカーボンが蓄積した状態でも継続して射撃が行えるよう発射ガスの流入量を調整できるレギュレーターの標準装備や、剛性UPによる命中精度の向上を目的としたスチール製レシーバー(※通常はアルミ製)の採用といった改良点が盛り込まれています。

その分重量は標準型と比べて大幅に増加しており、銃本体のみで約5.8kg、フル装備の状態だと9kgを超えるという重量級ライフルになっています。支給される兵隊さんは大変だね。

ちなみにG28Eの改良型が米陸軍にM110Aとして採用されることが決定しています。
加えて米軍向けバージョンの方は大幅な軽量化が仕様として要求されているようで、ことによったらレシーバーなんかもアルミ製に戻しちゃうかも。


▲今回リリース分はDX リミテッドバージョンということで、専用スコープマウント(30mm/34mmチューブ対応)/T1マイクロドットサイト用マウント/バーチカルフォアグリップ/デューティバイポッド/HKレイルパネル/G28スリングマウント/ハードガンケースが付属した豪華仕様となっております!要するに、上の画像のオプションパーツが全部付いてくるということですね。


VFC製HK417 GBBRシリーズはボルトキャリアのサイズや重量が大きいおかげで射撃時のリコイルも強く、撃っていて楽しい逸品!

現用ドイツ軍マニアなら是非とも!!


4月頃新発売となる予定!

お値段
¥95,499(税込)
です!!

ご予約お待ちしております!!


週末くじ
中古買取はフォートレスまで!!




Twitter: https://twitter.com/FortressTokyo

Facebookページ: https://www.facebook.com/airsoft.fortress.akihabara

LINE@: @akiba_fortress

instagram: https://www.instagram.com/fortress.akihabara

Web: http://www.fortress-web.com

★店舗までの道案内はこちら★  


Posted by 要塞東京隊 at 16:24Comments(0)

2017年03月26日

銀色再販!!

▲東京マルイ製ガスブローバックハンドガンシリーズのラインナップの一つ『デトニクス コンバットマスター』のシルバーモデルが、近々リニューアルデビューの予定です!







『東京マルイ: ハンドガン本体 デトニクス.45 SV』

マルイ製M1911シリーズ最小のボディを持つコンパクトバージョン!実銃は米国のデトニクス・アソシエイツ社が他社に先駆けてリリースした、1911系ベースの元祖コンパクトモデルですね。

デトニクスのシルバーモデル自体は、過去にマルイからエンヴァイロハードクロームと名付けられたマットシルバー仕様のメッキモデルが発売されておりましたが、製造時の手間やコスト等の問題から已む無く生産中止になったという事情がございました。

今回の製品は仕上げをメッキから塗装に切り替えることでコストダウンを図り、ここにめでたくシルバーモデルの復活と相成った訳でございまする!

初期ロットのエンヴァイロハードクロームモデルほどではないにしても、最近のマルイ製品の塗装は質感もかなり良くなってきているので、仕上がりについては期待したいところであります!



4月頃発売の予定!


週末くじ
中古買取はフォートレスまで!!




Twitter: https://twitter.com/FortressTokyo

Facebookページ: https://www.facebook.com/airsoft.fortress.akihabara

LINE@: @akiba_fortress

instagram: https://www.instagram.com/fortress.akihabara

Web: http://www.fortress-web.com

★店舗までの道案内はこちら★

  


Posted by 要塞東京隊 at 20:16Comments(0)商品紹介

2017年03月26日

黒い方再入荷!

どうも、おはようございますこんにちはこんばんわ。
フォートレス秋葉原店 販売部のKAZです!
ブラックカラーの方が久々の入荷となります!

東京マルイ 次世代電動ガン:M4 CQB-R


重さ、長さ、精度、剛性とどれをとっても素晴らしいバランスを持つ東京マルイ製の傑作!!!
内外装をカスタムすること前提の所謂「カスタムベース」としても選ばれやすい一丁です。

秋葉原のスタッフも外装をMk-18仕様にしたり内部をLRカスタムにしたりといろいろです!

気になるお値段の方が¥38,470(税込)となっております!

週末くじ
中古買取はフォートレスまで!!




Twitter: https://twitter.com/FortressTokyo

Facebookページ: https://www.facebook.com/airsoft.fortress.akihabara

LINE@: @akiba_fortress

instagram: https://www.instagram.com/fortress.akihabara

Web: http://www.fortress-web.com

★店舗までの道案内はこちら★

  


Posted by 要塞東京隊 at 14:00Comments(0)商品紹介

2017年03月25日

やっぱフルサイズですよ

どうも、おはようございますこんにちはこんばんわ。
フォートレス秋葉原店 販売部のKAZです!イエイ!!

久々の再入荷!!



▲第2次大戦直後の旧ソ連で開発され、今なお派生型が世界中で生産され続けている傑作アサルトライフル『AK47』が入荷してきました!








▲1947年に旧ソ連軍の制式小銃として採用された、ミハイル・カラシニコフ氏設計によるアサルトライフル。第2次大戦中東部戦線などで対峙したドイツ軍が使用していた世界初のアサルトライフルMP44の影響を強く受けているといわれ、射程の長いサブマシンガン的なコンセプトで開発されました。

ちなみに米軍がアサルトライフルと呼べる銃を採用したのは1960年代に開発されたM16系が最初でしたから、ソ連に比べてやや立ち遅れた印象がございますねえ。








▲遮蔽物の少ない平原での戦闘を想定し長射程に固執していた米軍と違い、旧ソ連軍が歩兵用ライフルに求めていたのは近接戦闘における高い制圧力であったため、このクラスのライフルとしては銃身が比較的短く、全長もコンパクト。

ベトナム戦争の際は、この全長の差がジャングル戦における取り回しにおいてM16系に勝る要因となりました。M16系のカービンバージョンに当たっては、AKシリーズを一つの指標としたという側面がございますね。








▲リアサイトはタンジェントタイプで、射撃距離に合わせたウィンデージ(上下偏差)の調整が可能。AK47/AKMの使用弾である7.62mmx39 M43弾薬は弾頭重量と装薬量の兼ね合いから、交戦距離によっては弾道のドロップ量が大きくなるため、工具なしで偏差修正ができるよう設計されています。

レシーバーのトップカバーをメンテナンスのために着脱式にせざるを得なかったため、リアサイトはバレル基部に設置されており、全長の割りにサイトレディアス(フロント/リアサイト間の距離)は短め。このことからも、射撃精度に関しては割り切った設計となっていることが伺えますねえ。








▲ストックはレシーバに対してやや角度が付けられた曲銃床。AKM以降のモデルはリコイルのコントロール性を高めるために直銃床にデザインが改められています。

バットプレートを外すとバッテリーにアクセスでき、ストック内の容積が大きめなこともあって、ラージサイズの大容量バッテリーの使用にも対応します。








▲実銃、特にマルイさんがモデルアップした通称AK47 Ⅲ型と呼ばれる後期生産型はレシーバーがスティールブロックからの削りだしで製作されているため、頑丈な反面重量が約3.9kgと結構重めですが、電動ガンの方はプラ製レシーバーのため非常に軽量!

首周りに補強用の金属製ステーが入れられているので剛性にも優れており、高い命中精度と多少ラフな扱いをしてもOKなタフさを兼ね備えております!

多弾数マガジン使用時の装弾数が約600発と大目なのもエエ感じですね!


週末くじ
中古買取はフォートレスまで!!




Twitter: https://twitter.com/FortressTokyo

Facebookページ: https://www.facebook.com/airsoft.fortress.akihabara

LINE@: @akiba_fortress

instagram: https://www.instagram.com/fortress.akihabara

Web: http://www.fortress-web.com

★店舗までの道案内はこちら★

  


Posted by 要塞東京隊 at 19:51Comments(0)商品紹介

2017年03月24日

CyberGun Taurus 24/7 G2 がCo2 マガジン標準装備で発売決定

再びIWA2017発表のオモロ銃を、、、

迫るフロン全廃化に向けて世界中のエアソフトメーカーがCo2をパワーソースとする、安全でかつ迫力あるエアソフト商品の開発に全力を投じる中、21世紀の今になっても、どうも世界とは足並みをそろえることが出来ず、世界的に見ると日本エアソフト業界はガラパゴス状態のまま、、、一方で前衛的なフィールドやスピードコンペティション施設等では、Co2マガジンでチューンされたガンもちらほら見かけるようになってきました。多くは輸入GBB、APS社等のレースガン仕様グロック系、日本製では唯一マルシンのFiveSeven等などありますが、あれは僕らのお店でもやっぱり大人気です。



Cybergunは現在Co2マガジン標準装備のGBBハンドガンラインナップを充実させており、SIG X-Five、Taurus PT92、Colt Railgun .45などその多くはフルメタルピストルであり残念ながら日本の法律上所持が禁止されておる形態の製品ばかりでした、しかし今回IWA2017で発表されたTaurus PT24 7 G2はポリマーフレームのつまりハーフメタルであり、初速さえ合法値であれば輸入できるでしょう。。
ルガーと並ぶ庶民派ブランドとして北米大成功のTaurus社,同社のストライカーピストルのフラグシップモデルPT24 7の第二世代G2型、GBBとして機種自体がはじめてのモデルアップですしオリジナルの設計であることからたいへん興味をそそられます。



各部素材強度、スプリングレート等設定はもちろんCo2にあわせてあるとのこと。実銃同様のトリプルリコイルスプリングを搭載。
これまた、日本に入ってくるかはわからないですが、、、もちろん、予約も現段階は出来ませんのであしからず




週末くじ
中古買取はフォートレスまで!!




Twitter: https://twitter.com/FortressTokyo

Facebookページ: https://www.facebook.com/airsoft.fortress.akihabara

LINE@: @akiba_fortress

instagram: https://www.instagram.com/fortress.akihabara

Web: http://www.fortress-web.com

★店舗までの道案内はこちら★  


Posted by 要塞東京隊 at 19:00Comments(0)小ネタ

2017年03月24日

ちょっとちっちゃいのも重くなって登場!

どうも、おはようございますこんにちはこんばんわ。
フォートレス秋葉原店 販売部のKAZです!

▲KSC製の新製品ハンドガンがやっとこさ店頭販売分で入荷しております!


KSC (ケーエスシー): ハンドガン本体 G19 スライドHW
税込 ¥14,799


KSC製ガスブローバックハンドガン『グロック19』が、スライドヘビーウェイトバージョンとなってリニューアル!ヘビーウェイト樹脂製のスライドとABSフレームのコントラストが、いっそうリアルな雰囲気を演出しています!

 他社製グロックシリーズ・ガスブローバックハンドガンに比べてより実銃に近い外形寸法を持ち、市場に流通するあらゆるタイプの実銃用ホルスターへの収納に対応。また重量も未装填の実銃とほぼ同じ670g(※実銃は595g)というウェイトを実現しています。

 現行のKSC製ガスブローバックハンドガン各機種同様の精密ホップチャンバーや、フルオート・マシンピストルバージョンであるG18Cからのフィードバックにより、実用面に関わる部分の改良も実施!コッキングインジケーター機能が実装されたトリガーや、ガス注入口が隠れる仕様のマガジンボトムプレート、外観を崩さないよう考慮されたマニュアルセフティなど、KSCならではのリアルさへのこだわりも魅力です!

週末くじ
中古買取はフォートレスまで!!


Twitter: https://twitter.com/FortressTokyo

Facebookページ: https://www.facebook.com/airsoft.fortress.akihabara

LINE@: @akiba_fortress

instagram: https://www.instagram.com/fortress.akihabara

Web: http://www.fortress-web.com

★店舗までの道案内はこちら★  


Posted by 要塞東京隊 at 14:20Comments(0)商品紹介

2017年03月23日

KSC G17 再入荷!!

どうも!皆さん!フォートレス秋葉原店スタッフRICです!



今回は新商品が入荷しましたので、お知らせいたします!





KSC製ガスブローバックハンドガンシリーズ
 KSC製ガスブローバックハンドガン『グロック17』が、スライドヘビーウェイトバージョンとなってリニューアル!ヘビーウェイト樹脂製のスライドとポリマーフレームコントラストが、いっそうリアルな雰囲気を演出しています!

 他社製グロックシリーズ・ガスブローバックハンドガンに比べてより実銃に近い外形寸法を持ち、市場に流通するあらゆるタイプの実銃用ホルスターへの収納に対応。また重量も未装填の実銃とほぼ同じ705g(※実銃は703g)というウェイトを実現しています。

 現行のKSC製ガスブローバックハンドガン各機種同様の精密ホップチャンバーや、フルオート・マシンピストルバージョンであるG18Cからのフィードバックにより採用されたスライド先端部の補強用インナーシャーシなど、実用面に関わる部分の改良も実施!コッキングインジケーター機能が実装されたトリガーや、ガス注入口が隠れる仕様のマガジンボトムプレート、外観を崩さないよう考慮されたマニュアルセフティなど、KSCならではのリアルさへのこだわりも魅力です!

<製品仕様>
●全長 202mm
●重量約 705g
●装弾数:23+1発
●ガスブローバックハンドガン

お値段 税込 ¥14,799-

製品で入荷数も限られてしまいますので、欲しい方はお早めに!


週末くじ
中古買取はフォートレスまで!!


Twitter: https://twitter.com/FortressTokyo

Facebookページ: https://www.facebook.com/airsoft.fortress.akihabara

LINE@: @akiba_fortress

instagram: https://www.instagram.com/fortress.akihabara

Web: http://www.fortress-web.com

★店舗までの道案内はこちら★
  


Posted by 要塞東京隊 at 20:00Comments(0)商品紹介

2017年03月23日

ドイッチュライフル再入荷

どうも!皆さん!フォートレス秋葉原店スタッフRICです!




本日ご紹介する品物はこちらです!









各国の軍/警察関係に採用され、新世代のアサルトライフルとして着実に成功を収めているドイツH&K(ヘッケラーアンドコック)社のG36シリーズは、共通の基本コンポーネントに、バレル長やサイトシステム、その他オプションの組み合わせにより、フルサイズのアサルトライフルからカービン、サブカービン、軽機関銃型、狙撃用ライフルにいたる数多くのバリエーションが展開されているのが特徴です。

そんな中で、318mmの銃身長を持つ『G36K』は、M16ファミリーにおけるM4カービンのような位置付けのカービンライフルとしてラインナップされています。フルサイズと比較して162mm短縮された銃身長、それによるマズルフラッシュの増大に対応するため装着された大型のフラッシュハイダーが特徴で、G36ともG36Cとも異なり独特のスタイルとなっています。

トイガンの世界では海外メーカーが先に製品化していたG36Kですが、いよいよ東京マルイがモデルアップ。しかも従来型電動ガンG36Cとは全く別物の、次世代電動ガンとしてのリリースとなりました。

外装パーツの多くが新規製作されており、グリップ回りのセレクター表示もドイツ語表記バージョンのS/E/F仕様を再現。ストックもG36Cとは異なるフルサイズで製作されたものを装備しています。

レシーバー上部には3倍率のスコープサイトを組み込んだ専用キャリングハンドルが標準装備され、上部の20mmレイルにより小型ドットサイト等の追加装着も可能。

心臓部であるメカボックスには300gの重量を誇るカウンターウェイトが装備され、これまでにないハードリコイルを実現。また発射に伴ってボルトと直結されたコッキングハンドルやハンドガード内部のガスピストンも連動し、臨場感あふれる射撃を堪能できます。

従来のG36C用マガジンやサイドサポートレイルなど、オプションには共用できるものも多いのでオプション選びも楽しめます。最新特殊部隊装備にこだわるゲーマーなら手にしてほしいモデルです。

<製品仕様>
●全長:860/615mm(ストック収納時)
●重量:2900g
●装弾数:50発(多弾数マガジン使用時:470発)
●対応バッテリー:ミニS


お値段 税込 ¥34,960-

試射も可能ですので、必要な方はお申しください。



週末くじ
中古買取はフォートレスまで!!


Twitter: https://twitter.com/FortressTokyo

Facebookページ: https://www.facebook.com/airsoft.fortress.akihabara

LINE@: @akiba_fortress

instagram: https://www.instagram.com/fortress.akihabara

Web: http://www.fortress-web.com

★店舗までの道案内はこちら★  


Posted by 要塞東京隊 at 16:41Comments(0)商品紹介

2017年03月21日

リーズナブルなミニガン!ClassicArmy M134コンパクト発売決定!?

ドイツはニュレンバーグで開催されたIWA2017は毎年のことながら世界最新のエアソフト製品群の目白押しでしたが、今回発表された銃の中でも際立ってオモロイヤツを紹介します。


香港ベース、早くから国際市場向けのエアガンを製造してきた古参メーカー、クラシックアーミーですが、台湾にその本拠を移転した今年からその活動を再び本格化する動きのようです。同社は電動+ガス式(アサヒファイヤーアームズコピー?)のM134バルカンをラインナップにしていましたが、さすがに中華製といっても高額なもので、安価でカジュアルに楽しめるバルカンなど夢の中の産物でありました。
さて、クラシックアーミーが今回IWA2017に持ち込み来訪者の視線をクギ付けにしていたナゾのバルカンは、一回り小さく軽量で、女性のデモンストレーターも難なく振り回しておりました。
そうです、これこそがクラシックアーミーの新製品 M134 ミニガン コンパクトです!!


やヴぁいです。じつは私、こういうの好きなんです。
エアソフト用ガス缶をそのままぶち込み発射用パワーソースとし。、アクションの作動とバレルの回転はバッテリーで行なうということで、驚きなのがその価格設定、なんと650ドルだそうです。 日本に公式輸入されてきて8-9諭吉さん程度ですかね、、、。手が出てしまいます。
国際市場での発売は5月ということで、目と鼻の先です。
作動の確実性と軽量化、シンプルさを優先させ、バレルは4本、RoFは最大28発/秒ということで、バルカンとしてはやや残念な連射速度ではありますが、豪快にバレルの束を高速回転させ発射する姿はまさにM134です。
これは、全国のサバゲフィールドにも登場の予感、、、、
ただし、日本に入ってくるかはわからないですが、、、もちろん、予約も現段階は出来ません。



週末くじ
中古買取はフォートレスまで!!




Twitter: https://twitter.com/FortressTokyo

Facebookページ: https://www.facebook.com/airsoft.fortress.akihabara

LINE@: @akiba_fortress

instagram: https://www.instagram.com/fortress.akihabara

Web: http://www.fortress-web.com

★店舗までの道案内はこちら★  


Posted by 要塞東京隊 at 18:05Comments(1)小ネタ